一本の忘れ物

hspace="5"
働いているお店に、
お客様が忘れた一本の傘があって、
今日○○様が取りにいらっしゃるから・・・と聞いていた。

その苗字は・・仮にウッディさんとするけれど・・
私の知り合いにも、ウッディさんは数人いて、
知人が取りにきたら、面白いな・・なんて考えていた。

もうそんなことも忘れてしまう頃、
仕事してると”すいません”と声をかけられた。

振り返ると、5秒地球が止まった。
脳みそを時速1000キロくらいの速さで走って、
記憶を探しにいく。

二人して「えーーーー!!」
と店内一面に響く声で叫んだのだ。

面白いな・・・なんて思ってたことが、
一番予期していなかったウッディさんの中のウッディさんと(笑)
再会実現となる。

思わず「ご縁がありますね」
なんて悠長なことを言ってしまったけれど、
ウッディさんの言った
「いやいや、ご縁なんてものどころじゃないですよ!」
という言葉のほうが正しく思えた(笑)

というのも、以前、渋谷のロフトでも偶然の再会を果たしていて、
互いに連絡先すら知らないのだ。

傘一本の忘れ物・・・
忘れ物をしてしまうと、しくじってしまったような、
落胆するような気持ちになると思う。
でも、そんな”やってしまったこと”の一つが
奇跡を紡いでくれることがあるんだなぁと思った。


今日の一曲〜東京中低域「黒田清子の1日」

水たまりの向こう側

a5fd2638.JPG東京は雨。

ジーンズの裾が、水を吸って重たい。

地面にできた水たまりに電信柱が写っていた。

でも、それは、空の電信柱じゃないのかもしれない。
もしかしたら、水たまりの向こうには、
別の世界が存在するのかもしれない。

雨が降った日にだけ、゛こっち゛と゛あっち゛が繋がる・・・

そんな風に考えると、いつも同じ時間、同じ人ごみ、
疲れた時もわずらわしいことだって、
違って見えるような気がする。

今日の一曲〜トムウェイツ「Ol’55」

ケヤキの樹。

hspace="5"

近所を走っていたら、なんとなく呼ばれてるような気がして、
行ったことのない道に入ってみた。
そこには小学校があって、一本のケヤキが街灯に照らされて立っていた。

きっと、そのケヤキが呼んでいたんだと思った。
ゴツゴツした幹に触ると、ひんやりして、
もっと奥のほうは、温かくて、
樹液がまるで血液のようで、
確かに生きていた。
その触った手から、そのケヤキの悲しみが入ってくるような気がした。

でもそれはケヤキ自身が受けた悲しみじゃなくて、
きっと他の誰かの悲しみを吸い上げたんだと思った。

もしかしたら、ケヤキの見てる前でいじめられていた小学生の悲しみかもしれない。
もしかしたら、ケヤキの枝の向こう側で、傷つけあう夫婦の悲しみかもしれない。

誰かの悲しみを感じとるために心が生まれる。
私もそんなケヤキのような心が欲しいと思った。


今日の一曲〜RADIOHEAD「KARMA POLICE」

謎のアシスタント

bbd24587.JPG

新しくこのブログを立ち上げて、
知らないうちに、色んな機能が追加されてるみたい。

拍手っていう欄がいつの間にか
下に追加されてて、
押してみたら、見たことないアシスタントが出現。
どちら様ですか・・・?と
思わず言ってしまった(笑)

それでもカウントされている数字を見るを、
このブログに遊びに来てくれた人がいるんだなぁって分かる。
ありがとう。

移ろうのは季節だけじゃないけれど、
私も浦島太郎子にならないようにしなきゃ!


今日の一曲〜Sophie Zelmani「Going Home」

ギター工房にて。

94d2c163.JPG

東京は、雨降りふり。

そんな今日、エフ・シュガーという
ギター工房にて相談事。

きっと一個一個の行動が
解決に繋がってゆくね♪


今日の一曲〜Jake Coco「Bleu for You」
livedoor プロフィール
NEXT LIVE
coming soon♪
LINK
  • ライブドアブログ